こんにちは皆さん!
 
いきなりこの新連載が始まって、
驚きを隠せない方もいらっしゃるかもかと思います。

ええ、私もその一人です!
 
前号で最終回を勝手に迎えた
『桃吐マキルの音楽スパンキング』は、
このUNGA!で8年間もの歳月をお世話になりました。 
 
読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

そしてこの度、
新連載『桃吐マキルの悩んでないけど天使に相談!』
というタイトルで、 
“日常の悩むほどのことでもない事を天使に相談して、
解決は二の次に天使たちと仲良くなろう”という計画の空間を、
わたくし桃吐マキルは3次元物質世界の
このUNGA!の紙面上に創り上げました。

今まさに、皆さんの声が聞こえます。「え?…天使?」

ええ、天使です。私は間違いなく確かに“天使”と言いました。
もちろん高次元からです。

「でもマキルさん、天使なんて本当にいるんですか?
そんなのおとぎ話の住人でしょう?どうなんですか?」

はい、そんな事より
さっそく第一回目の相談へ移りましょうー!

愛知県の桃吐マキルさん(私)からのご相談です。
 
「こんにちは天使さん、
私は太ももの側面が外側に出っ張っているので、
子供に“ポケットに何が入ってるの?”とよく間違われます。
悲しいです。
なぜ私はそんな目に遭う運命なのでしょうか?
おしえてください。」

それはとても悲しいですね!
あなたの悲しみ、私は自分の事のように分かります!
 
ではさっそく天使たちに訊いてみましょう。

天使「その太ももの側面の出っ張りは、骨です。
外側から押せば、いくらか引っ込みます。
youtubeにてエクササイズの動画がいくつかupされております。
探して見てください。」

ほぇ~、骨だったんだ!
押して引っ込むなら、押します押します!

天使「ちなみにその骨の名前は、大転子です。」

だ、だいてんし! …大天使!!!!!

 1回目イラスト

私たちの身体の中にも天使がいたんだね!
おとぎ話の中だけではなかったんだ♪
 
ありがとう天使たち!

ということで皆さん、
こんなに身近な天使たちと、
これから一緒に仲良くお話していきましょう!

 

つづく

UNGA! No.154
http://unga-web.com/archives/65824709.html


nayandenai_01s

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天使なんて架空の存在だとバカにしないでください。
実は天使は存在します。
『桃吐マキルの悩んでないけど天使に相談!』は、
わたくし桃吐マキルが天使から聞いた事を中心に書いています。
ウソじゃありません!本当です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~